オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【体験談】喉の痛みに即効性が期待できるおすすめの市販薬

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20181113155759p:plain

1年ほど前でしょうか、当ブログでのどの痛みには龍角散が良い!と紹介したことがあります。

今回、そんなのどの痛みに関して更に良いものを発見したので、共有したいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

南天のど飴

私が服用したのは「はちみつぶどう風味」だったのですが、最初は確かにその風味通りで甘くておいしいです。

が、表面にコーティングされていた味が全てなくなると、とたんに牙をむいてくるのです。

良薬口に苦しとはよくいったものですが、なんともいえない味で率直に言うと不味いです(笑)

ただ、何個か舐めているうちに慣れてきますし、何より喉の痛みがかなり和らぎました。

※あまり大量に舐めてはいけないというのと、薬を服用しているときは併用できないようなのでご注意ください。

のどスプレー パープルショット

もしかすると前述した「南天のど飴」だけでも十分なのかもしれませんが、私はこれに加えてのどスプレーも併用していました。

思い出した時にシュシュっと吹きかけ、一日に平均して10回くらいは使っていた気がします。

今回初めて喉に吹きかけるタイプのものを使用したのですが、最初は上手く狙いが定められず苦労しました。

コツとしては口を大きく開けて、下をできるだけ出しつつ「あー」と声を出しているときに、喉に向ってシュッと吹きかけるという感じです。

味は特に嫌な感じもなく、爽やかなミントタブレットを食べたあとみたいな後味でしたね。


喉の痛みのケアとして「アズレン」「ヨウ素系」という、主に2つの選択肢が考えられます。

そのうち、ヨウ素系は初期であれば効果がありますが、喉がかなり痛みだしてからは逆に炎症を助長する可能性があるそうです(薬剤師の友人談)。

そういった背景から今回「アズレン」が配合されている「のどスプレー パープルショット」を選択したところこれがまたかなり良かったです。

忙しい人のためのまとめ

  • 南天のど飴は舐めるだけで喉の痛みがかなり緩和された
  • 南天のど飴に加え「のどスプレー パープルショット」を使うことで更に良くなった
  • 暇さえあればのど飴やスプレーを使用したことが良かったのではないか

おわりに

前回紹介した龍拡散のど飴もそうですが、風邪の引きはじめである喉の段階で抑えるにはこまめなケアが必要だと思います。

今回、私が効果を実感できたのは、もちろんそれぞれの企業努力もありますが何よりこまめに使用したからだと考えています。

「あれ?なんか喉の調子悪いかも」と自覚した段階で、早めに、かつ、こまめに使用するのがおすすめです。

※効果には個人差がありますので、もしこれでもダメだった場合は病院での受診を推奨いたします。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2019 オタクの戯言 All rights reserved.