オタクの戯言

隠れオタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

2020年東京五輪のチケットはいつから購入できるのかや購入方法について

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20180725233159p:plain
出典:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式サイト(野老朝雄、2016)

先日ふと東京オリンピック・パラリンピックの話題になった時、実はもうチケットを購入できるのではないかと急に焦りだしました。

そこで購入期限や方法について調べてみたので、忘れないようにという意味合いも込めて書き残しておこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

販売開始はオリンピックは2019年春から、パラリンピックは2019年夏からの予定

詳しくは公式サイトに書いてありますが、オリンピックは2019年春からパラリンピックは同年夏からの予定だそうです。

チケットの最低価格は開閉会式だと12,000円、競技だと2,500円で、最高価格はそれぞれ300,000円、130,000円とのことでした。

最高価格たっか!!?

VIP席みたいな感じで相当いい席なんでしょうかね。


もっとも、子供や年配のかた、障害のあるかたを含めた家族やグループで気軽に行ける用、グループ向けのチケットを設定するなどもしてくれるそうです。

なるべく幅広い層が観られるよう配慮をしてくれるみたいですね。

購入するためにはまず「TOKYO 2020 ID」の登録が必要

肝心の購入手段ですが、日本国内では東京2020大会公式チケット販売サイトを通じて販売されるようです。

勝手にイープラスとかローチケとかで販売されると思ってました(笑)

また、2020年にはチケット販売所を通じた販売も予定しているそうなので、ネット以外でも購入することができるみたいですね。


なお、東京2020大会公式チケット販売サイトは今の段階ではまだ開設されていませんが、どちらにしても「TOKYO 2020 ID」の登録を事前に済ませておく必要があるようです。

登録の順序としては、まず「新規登録はこちら」にメールアドレスを入力し、[仮登録メールを送信]します。

届いたメールの本文にあるURLをクリックすると本登録に進むので、そこで住所氏名などの必要事項を記入して登録完了という流れでした。


ちなみに、登録後に「TOKYO 2020 事前視察ツアー」やライセンス商品が当たるキャンペーンに進めるので、早めに登録するのがおすすめです(2018/9/6 17:00まで)。

購入にはVISAカードがお得らしい

公式サイトで具体的なチケット購入方法が発表されましたね。

一応こちらでも説明しますと、以下の流れになるようです。

  1. TOKYO 2020 ID登録
  2. 東京2020大会公式チケット販売サイトへアクセス
  3. チケット販売サイト上で、観戦したい競技のチケットをさがす
  4. 座席の種類や枚数を選んで申し込み
  5. 抽選結果発表
  6. 支払い・受取り方法選択

その際、チケットの支払い方法には2通りあるのですが、VISA決済を選択して自身でチケットを受け取った場合のみ手数料がかからないようなのです。

例えば、VISAのクレジットで支払いをし、モバイルチケットとしてスマホで受け取るとかですね。

クレジットカードには色々と種類があり、VISAをまだ持っていないというのであればシェア率No.1で学生や年齢など色々な人に対応している「三井住友VISAカード」が個人的には無難で良いと思います。


おわりに

気付いたら終わっていたなんてことが起こりかねないのでかなり焦りましたが、本格的にチケット争奪戦が始まるのは来年春からみたいです。

現段階でできることは、とりあえず「TOKYO 2020 ID」に登録しておくくらいで、進展があると登録したメールに届くとのことでした。

ボランティアや何やらで色々と問題はあるみたいですが、せっかく日本でオリンピックをやるんですから生で観たいですし是非成功して欲しいですね。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2019 オタクの戯言 All rights reserved.