オタクの戯言

隠れオタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【徹底分析】カラオケで真に盛り上がるおすすめのアニソンがランキング比較で判明

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20190523115312p:plain

先日、NHKにてアニソンベスト100!が発表されました。

結果についてはそれぞれ思うところがあると思いますので深く言及しませんが、観ていてふと思ったことがあります。

ということは、よく歌われてる曲も大体一緒なのだろうか?と。

そこで今回は、カラオケで良く歌われているアニソンとアニソンベスト100!の結果を比較し、真に盛り上がるおすすめは何かを分析して書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「アニソンベスト100!とカラオケランキングの両方を満たしている曲が真に盛り上がる曲」から飛んでください。

ランキング比較におけるメインとなる機種はDAMとJOYSOUND

カラオケに良く行く人なら知っていると思いますが、現在カラオケで利用されている機種はDAMとJOYSOUNDが圧倒的に多いです。

そこで、それぞれの機種でどういったアニソンが歌われているのかそのランキングを調べて、アニソンベスト100!と比較してみることにしました。

30位-11位まではJOYSOUNDとだけ比較

なんて言っておきながら申し訳ないのですが、DAMのほうはトップ10しか掲載されていませんでした。

また、JOYSOUNDのほうも30位からしか掲載されていなかったので、とりあえず30位-11位に関してはJOYSOUND(月間ランキング)のみと比較してみたいと思います。

以下、調べたものを表にしてまとめました。
f:id:aniota-alvarado:20170222223253p:plain

調べてみて驚いたのですが、ご覧の通り全くと言っていいほど被っていません。

唯一近かったのは「God knows...」くらいで、あとはかすってすらいないではありませんか。

後述するトップ10まで含めて考えるとそこそこ近いという曲がいくつか出てきますが、30位-11位の範囲となると上記の1曲のみという結果になっています。

10位-1位まではJOYSOUND、LIVE DAM、DAMと比較

続いて10位-1位を比較してみたいと思います。

こちらに関しては月間と週間との違いこそあれ、すべて掲載されていたのでしっかりと比較することができました。

もっとも、DAMに関しては機種がLIVE DAMとDAMとで若干ランキングに変動があったので、一応両方と比べています。

以下、調べたものを表にしてまとめました。
f:id:aniota-alvarado:20170222231052p:plain

ということで、10位-1位に関しては前述した30位-11位とは異なりそこそこ近い曲が多かったです。

もっとも、こちらも近いというだけで順位が完全に一致するという曲は一曲もありませんでした

アニソンベスト100!とカラオケランキングの両方を満たしている曲が真に盛り上がる曲

完全に一致していた曲こそありませんでしたが、両方に載っているのであれば間違いなく人気がある曲といっていいでしょう。

人気があるということはよく歌われているということであり、よく歌われているということは盛り上がる可能性が高いです。

そんな両者を満たす曲は、以下の7曲でした。

  • ライオン/マクロスF
  • God knows.../涼宮ハルヒの憂鬱
  • 君の知らない物語/化物語
  • only my railgun/とある科学の超電磁砲
  • Butter-Fly/デジモンアドベンチャー
  • シュガーソングとビターステップ/血界戦線
  • 残酷な天使のテーゼ/新世紀エヴァンゲリオン

こう羅列してみると、なるほど確かに、カラオケで今でも誰かが必ず歌っている印象がありますし、変わらずずっと人気のあるアニソンだと言われても頷けます。

もっとも、ここに歴代のCD売上やDL数なんかを加えると更に結果が変わってくるでしょうから、必ずしもこの7曲が最強!というわけではないですけどね(笑)

おわりに

この検証を始める前は結構被っているんじゃないかなと思っていたのですが、順位が同じものは一切なく近いものが数曲という結果にはビックリしました。

もし調べられるのであれば、今度は前述したCD売上やDL数なんかも含めてまた改めて比較してみたいですね。

カラオケでアニソンを歌う時に選曲を迷った際には、是非参考にして頂ければ幸いです。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2019 オタクの戯言 All rights reserved.